スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ旅行記3

朝焼けGS車窓から
左:ホテルの窓から朝の風景
中:トイレ休憩のガソリンスタンド。なんだか知らんがアメリカっぽい。
右:バスの車窓から。トルコの地方は広ーい畑がびゃーっとあって、その中に街や村が島のように点在する感じ。

シシケバブてなわけで3日目はトルコ最大の遺跡エフェソス遺跡へ。紀元前12世紀に建設された都市国家の跡です。がしかしその前に…、ランチタイムまぁこれでいかに移動がハードかわかると思いますが、、ランチはシシケバブ。ん?なんか日本でイメージするのよりスケールがちっちぇーなぁ。まぁ、ランチやからいっか。お米ががすごくおいしいのです。もちろんパラパラのやつ。嫌いな人は嫌いだろうけど。腹ごしらえをした後に向かった先はまだ遺跡ではなく革製品のお店へ。まずはじめにファッションショーを見せられましたー。実はここで俺もファッションショーに借り出されましたー。お姉さんに手を取られちゃあ仕方ねぇ。すごくモノはいいけど、値段もいいのでもちろん何も買いませんでした。一緒にツアーに参加されてたご夫婦の方なんかは何か買ってらっしゃいました。さすが。
ファッションショー1ファッションショー2
そしていよいよエフェソス遺跡へ。すごかった。ここは一気に写真をドーン!!!
エフェソス遺跡1エフェソス遺跡2エフェソス遺跡3
エフェソス遺跡4エフェソス遺跡5エフェソス遺跡6
エフェソス遺跡7エフェソス遺跡8エフェソス遺跡9
エフェソス遺跡10エフェソス遺跡トイレ
やっぱりこういうものはその場に行って体感しないとわかんないもんだなとつくづく思いました。右上の小劇場の写真の中に、座ってる俺がちっちゃく写ってます笑。右下のトイレの看板はなんとなくかわいかったのでおまけで。トルコも海外では結構ありがちな有料トイレってのがあって、50円くらいです。もちろん無料もあります。
PAMホテル夕食EFESビール
さて、この日のホテルはパムッカレのTHERMAL HOTEL PAM。真ん中にプールを据えて、リゾート気分満載のホテルです。ご飯は真ん中の写真にあるようにパスタなんかもあるけれど、細かく切ったトマトとキュウリのサラダであるとか、ピーマンのご飯詰め、豆料理などなどトルコらしいメニューもたっぷり。昨晩とは違っておいしくいただけました。右の写真はEfesビールというトルコの代表的ビール。特に変わった味がするわけでもなく、癖のないビールでとても飲みやすかった。夕食の後、プールサイドで無料でベリーダンスを見れるということで、早速陣取りに。出て来た踊り子さんは一人だけだったけど、これがめちゃくちゃきれい完全に悩殺されてまともな写真は残念ながらひとつも撮れなかったっス。唯一20秒ほど撮った動画だけはきれいに撮れてました。それをupしたいんだけどなんだか面倒くさいようなので残念ながらなしで。なぜ20秒しか撮らなかったのか?もちろんカードの容量のこともあったけど、それより何より…、来たんス!!俺らがいるテーブルに!!!よくあるパターンで数人ピックアップして一緒に踊りましょってことだが、それが来たんス!!!!!最初は横にいたI君のところに。でもI君はそういうこと絶対したがらないタイプなのでごねてたらダンサーのお姉さんもあきらめて今度は横にいた俺のほうに手を差し伸べた!!!!!ぬぉっっっ!!!行くのか俺、行くのかっっっ!!!って実際それほど躊躇することなく俺は連れられていきました。旅の恥は掻き捨て。それにあんなきれいなお姉さんと一緒に踊れることなんて、この先あったとしてもまぁ1、2回がいいところなんで(実際それくらい美人でした)、一緒に腰を体をクネクネしてきました。舞台も終わりが近づき、お姉さんがチップをもらいに各テーブルに。「それくらいは当然のことだよなー」と思いつつ、考えてみれば俺ら貴重品部屋に置いてるから一銭も持ってねぇ!あーもうお姉さんが来る!急いでI君に金を取りに行かせたが間に合わず、お姉さんはあきらめて次のテーブルに…´д`トホホ遅れて帰ってきたI君が持ってきたのは1$。「馬鹿野郎1$じゃ少なすぎるだろーが」ってことでもう一度今度は10$を取りに行かせる。再びI君が帰ってきた頃にはお姉さんはもう出て行く途中。あわてて友達と二人お姉さんの元へダッシュして、半ば強引に友達がブラの右肩のストラップに10$を、俺が左肩のストラップに1$を挟んだ。お姉さんThank you!とは言ってたけど、あの顔は完全に引いてた笑。楽しい時間も終わり、そのあと温泉へ。パムッカレは温泉が湧く地でもあり、今回泊まったホテルにもトルコ版露天風呂が。もちろん日本ではないので水着着用で混浴です。湯温は低め。でも気持ちよかった~絵文字名を入力してくださいただ、なんだか底には泥のようなものが溜まっていて(鉄分?)、茶色く濁ったお湯でした。せっかくなのでプールにも入っちゃえってことで入ったらめちゃくちゃ冷たい。逆サイドまで一直線に泳いでそそくさと上陸。そしたらホテルの従業員に「もうプールの営業時間は終わってるぞ」と怒られた笑。はぁ~とにかくベリーダンサーはステキだった踊り子だけにスタイルも抜群!(トルコの女性は本当にキレイな人が多いです。まぁ日本人女性の美しさとはまた別物だけど。男性も彫が深くて男前。)いい気分のまま眠りにつく。その感動をも凌駕するような新たな美しい女性にイスタンブールで出会うことになろうとは、そのときの俺は露知らず、パムッカレの夜は更けてゆく…

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://keepshining.blog96.fc2.com/tb.php/80-dc4af6e6
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

sunshine83

Author:sunshine83
某建設会社勤務、社会人3年生。処女作に全力尽くします!今年こそは頑張るぞ、目指せ一級建築士!

最近のエントリ

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

チーム・マイナス6%

QRコード

携帯からも見れます。

QRコード

ブログ内検索

Copyright © sunshine83
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。