スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ旅行記6

食堂車で朝食さよならアンカラエクスプレスイスタンブール駅
港食堂車で朝食。お皿の真ん中の黒いのはオリーブです。「トルコの人は毎朝オリーブを食べます」とガイドさんが言ってました。本当に毎朝ある。生産量も多いんです。さて、一晩かけて僕たちをイスタンブールまで運んでくれたアンカラエクスプレスにさよならを告げて、目指すはモスク!その前に船に乗りまーす。駅を出たら目の前が港!乗り場にはすでにそれなりに人が集まってました。通勤?いや、そんな格好でもないが…、そうか、今日は日曜日だ。
船上でチャイモスク橋の下
チャイ、写真まだ出してなかったと思うので、これがそう。きれいな色だ。橋の上から大量の釣り糸が。一本が船に引っかかって釣り糸が切れました笑。
ブルーモスク1ブルーモスク2ブルーモスク3
ブルーモスク4ブルーモスク5ブルーモスク6
ブルーモスク7ブルーモスク8ブルーモスク9
最初の目的地はブルーモスク(スルタンアフメット・ジャミイ)。朝から多くの観光客でにぎわっていました。ブルーというのは内部が青系のタイルで覆われていることから、訪れた外国人がそう呼びだしたことから来るそうで、トルコの人にはちゃんとスルタンアフメット・ジャミイと言わないと通じない。6本の尖塔(ミナレット)を持つことで有名やけど、家帰って写真見たら、6本写ってるのありませんでした絵文字名を入力してくださいもちろんイスラム教信者の方も多数訪れ、そのお祈りする姿を見ると、すごく神聖な気持ちになりました。礼拝時間中には観光客は入れないそうです。続いてアヤソフィアへ。
アヤソフィア1アヤソフィア2アヤソフィア3
アヤソフィア4アヤソフィア5アヤソフィア6
アヤソフィア7アヤソフィア8アヤソフィア9
元々ギリシャ正教の総本山で、後にモスクに改修されたアヤソフィア。キリストやマリアのモザイク画がそのまま残されています。ついこの間Gyaoで「007 ロシアより愛をこめて」を見たんやけど、このアヤソフィアが舞台のシーンが!!それにしてもモスクの写真を撮るのは難しい…。さらに続けてトプカプ宮殿へ。
トプカプ宮殿1トプカプ宮殿2トプカプ宮殿3
トプカプ宮殿4トプカプ宮殿5トプカプ宮殿6
トプカプ宮殿7トプカプ宮殿8トプカプ宮殿9
トプカプ宮殿はオスマントルコの君主が住んでいた場所だそうで、華やかさが感じられました。宝物館に入るとたくさんの財宝が!数箇所表示だけになってるけど…、えーっと、なになに?ん?東京?そう、実はつい先日(9/24)まで東京でトプカプ宮殿の至宝展があったみたいで、そっちの方に行ってたみたいっス。なにも俺らがわざわざ日本から来てるときに東京に行かなくても…。今度は京都に巡回してくるようです汗さて、朝から見学しっぱなしだったんで、ここらで昼食。
ドルネケバブトルココーヒー
メインは来ましたドルネケバブ!そうそうあのでっかい肉塊をまわしながら焼いてそれを削いで食べるやつ。そのよくある焼いてるシーンの写真がないけど…、うまかったっス!!!右はトルココーヒー、の底に溜まった粉。これで占いしたりもするんだそうで。

さて、ここまではがっつりツアーで回ってきたけど、この日の午後と翌午前はフリータイム。ここからは、旅の途中からちょくちょく話すようになった19歳(!)の大学生の女の子を吸収して一緒に行動することに。ホテルにチェックイン後グチャグチャと話し合った結果、この日はガラタ塔に行った後街をぶらぶら散策して、翌日はグランドバザールで締めることに決定。ガラタ塔に行くにはトラムという要はちんちん電車に乗るのがよさそうなので、ターミナルがあるタクシム広場へ。
タクシム広場トラムの車窓からトラム
チケットを駅の少年から買ってトラムに乗り込む。年季の入った雰囲気のある車体でゆっくりゆっくりゴトゴトと通りを進んで行く。「歩いた方が速いんじゃねーの?」っていう感じだが、観光にはもってこいだと思う。窓から乗り出して世界の車窓から的写真を撮る(真ん中の写真)。チンチーン、チンチーンといいながら走るトラムに、子供が飛び乗ってしがみ付く。無賃乗車だけどまぁみんな大目に見てるみたい。「俺も昔はよくやったもんさ」って感じだろう。
街中1   街中2ガラタ塔
何気ない日常風景でも、なんとも外国らしく見えてくる。上の真ん中の写真の子供たちとはなんだかよくわからないけどしばらく一緒に戯れていた。うん、いいよね、こういう出会いは。ガラタ塔に行くまでにやさしく声をかけてくれて道を教えてくれたトルコの皆さん、ありがとう。もちろん危険な人もいるんだろうけど、それは日本でも言えることで、少なくとも僕たちは優しい人々にしか会わなかった。少し迷ったけど、ガラタ塔(右の写真)に到着。
ガラタ塔1ガラタ塔2ガラタ塔3
ご覧のとおり見事な眺め!超高層ビルがボコボコ建ってる、なんてこともないので、塔の存在感がありますsmile気持ちのいい晴天だったので本当に周りがよく見えました。今回は残念ながら無理だったけど、夜景もきっと素晴らしいはず。
八百屋1街中3海の幸
八百屋2八百屋3海沿いのカフェ
街中4その後は街をぶらぶら歩きながら、雑貨屋さんに入ってみたり、現地でお世話になったTurkcell(あ、SoftBankユーザーなもんで。トルコでももちろんフツーに携帯使えました。)のショップを覗いたり、カフェに入って休憩したりと、休日の街の雰囲気に浸ってました。トルコでは日曜日に店が休むそうだが、飲食店とか、普通に開いてた。海沿いの方まで行って、日も暮れてきたのでUターン。明るいうちに目をつけていたレストランの多い通りに向かう。「イスタンブールはやっぱシーフードっしょ」ということで、店先に魚を陳列してあったシーフードレストランで夕食をとることに。実は上の写真の上段右の店です。
シーフードのレストランシーバスとシーリーフカラマルタワ
ラク前菜は全種類をもってきて見せてくれたので適当に注文する。メインディッシュは…、もちろんメニュー見てもわからないので店先に並ぶ魚を見ながら選ぶことに。「マスターのお勧めは何だ?」「旬の魚はどれだ?」とかを片言の英語と日本語で聞きまくる。結局サイズも値段も手頃だったシーバスとシーズリーフという魚のグリルを注文。癖があるわけでもなく、白身の魚で普通においしかった。けど一番美味かったのはカラマルタワ、つまりはイカリングのフライ。別に日本でも食えるだろうけど、エフェスビールにによく合ったんスv最後の夜だということで、さらに酒を飲むことに。そのお酒が左のラク、飲みさしですが…。トルコではとてもポピュラーな蒸留酒。このラク、透明なんだけど、水で割るとあら不思議、左のように乳白色に早変わり!そこから別名ライオンのミルクとも呼ばれる。独特の香りがして、僕の口には合わなかったけど、郷に入れば郷に従え、とにかく飲んだ。アルコール度数4、50度と高め、さらにこれまでの旅の疲れも相まって、酔った酔った。体育会系のT君が酔った勢いでラクをもう一本追加。まずいのも忘れてテンションアゲアゲなイスタンブールの夜なのでした…うぃっ。一緒に行動したNちゃん、こんな先輩らでごめんなさいでした絵文字名を入力してくださいさーていよいよ明日はトルコ最終日かぁ。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://keepshining.blog96.fc2.com/tb.php/83-462cc4e1
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

sunshine83

Author:sunshine83
某建設会社勤務、社会人3年生。処女作に全力尽くします!今年こそは頑張るぞ、目指せ一級建築士!

最近のエントリ

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

チーム・マイナス6%

QRコード

携帯からも見れます。

QRコード

ブログ内検索

Copyright © sunshine83
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。